細胞を活性化・酸化を抑制 | デパック解凍鮮度保持システム

デパックシステム

menu
製品の効果

効果を最大限にいかした
5つのメリット

  • 高湿のマイナス温度で抜群の制菌力食品の湿度を保ったままで凍らず、マイナス温度と相まって、抜群の制菌力を誇ります。
  • フルーツなどでは糖度が上がり、肉類では熟成が進んでおいしさが増加、しかも長持ちします。
  • 食材のコンディションを高め、廃棄ロスを大幅に削減し、高品質に冷凍・解凍・冷蔵管理が可能 となり、美味しく保存ができます。
  • 熟成が進んでおいしさが増加する為、素材本来の味が生かせます。
  • 冷凍の管理を-18度以下から-2度近辺に変更することにより、省エネ効果と 発熱量の削減に伴う環境負荷の低減ができます。

実験結果

素材をよりおいしく仕上げるデパック熟成

鮮度保持効果で長期間食材を保管することで、酵素がタンパク質を分解し、アミノ酸へ化学変化して熟成が進みます。
アミノ酸値が増加し、鮮度保持機での熟成を「デパック熟成」と呼んでいます。

  • 酸化抑制 効果で 変色しない
    酸化の抑制効果により、変色が抑えられ、熟成効果により、アミノ酸が増加! 旨味・食感が保たれる
  •  
    冷凍時にデパックを利用することで、冷凍時及び冷凍保管時の細胞破壊・酸化劣化を抑制します。酸化抑制 効果で 変色しない
  • 新鮮な 青・緑色が 保持
    酸化による変色がなく本来の身の色(青・緑色)の状態が保たれている。

ドリップが大幅に減少する理由

従来の解凍方法は「水解凍・低温蒸気解凍・高周波解凍」で、いずれも加熱して食品をプラス温度にすることにより解凍を行うものです。
食品の解凍が均一に進まないため、解凍ムラが発生し、部分的に溶けた食品中の水分が鋭利化して細胞を破壊し、旨味となる成分がドリップとして流出します。
また、加熱に伴って食品中のバクテリアが増殖し、品質の劣化を助長してしまいます。

  • 一般的な解凍
    細胞膜が破れ、細胞内の栄養や旨味を含んだ水分がドリップとして流出。
    加熱による解凍は個々の細胞内部でも温度差が激しく、部分的に溶けた水分はシャープエッジ(鋭利な刃物のような状態)となって細胞膜を傷つけ、破ってしまうことにより旨味や栄養分を含んだ水分がドリップとして流出してしまいます。
  • デパックによる解凍
    デパックによる解凍は、細胞水が保たれることにより、味、風味、ふくよかさ、みずみずしさ、色つやが失われずに保たれます。
    デパックによる高電圧静電誘導エネルギーを与える解凍は、加熱することなく細胞内部の水分を構成する分子によって、自らの力で解凍が進むため、均等に解凍されるので無理が無く、細胞膜も破れにくいことからドリップが大幅に減少するのです。

代表的な食品別の効果と期待できる業種

食品別の効果一覧とおすすめする業種

ほとんどあらゆる食品に素晴らしい効果を与えるデパックは、これからの食品の解凍や鮮度保持のスタンダードとなりうる製品です。
下図では代表的な食品をとりあげ、その種類別に主な効果を一覧でご紹介致します。

解凍

デパックスピード解凍機の特徴

  1. 冷凍食材の厚み・処理量に左右されず、一晩で解凍が可能です。
  2. 表面温度と中心温度の差を3度前後に抑えることが可能です。
  3. お客様の希望される品温に解凍できます。(-5〜-1℃の半解凍、0〜+5℃の完全解凍)
  4. 水を使わない為、庫内は衛生的で清掃も簡単です。
食品の種類 主な効果
肉類
牛、豚、鶏
ドリップ減少、歩留まり向上、制菌、変色防止
魚介類
サザエ、アワビ、マグロ、ウニ、サーモン、切り身、エビ、イカ、タコ、カニ、ホタテ、シラス
ドリップ減少、歩留まり向上、制菌、変色防止
鶏卵
卵黄、卵白
制菌、変色防止、均一解凍
果物・野菜類
カット野菜、キノコ類
制菌、変色防止、均一解凍
製菓類
和菓子、洋菓子
制菌、変色・乾燥防止

鮮度保持

デパックスピード解凍機の特徴

  1. マイナス温度で食品を凍らさずに保存が可能です。
  2. 氷温熟成による熟成保存が可能です。
  3. 低温保存による菌の増殖抑制が可能です。
  4. 静電保存による酸化の抑制が可能です。
食品の種類 主な効果
肉類
牛、豚、鶏
熟成、制菌、変色防止
魚介類
サザエ、アワビ、マグロ、ウニ、サーモン、切り身
熟成、制菌、変色防止
果物・野菜類
イチゴ、メロン、マンゴー、葉野菜
甘味増加、乾燥防止、シャキシャキ感の維持
製菓類
和菓子、洋菓子
制菌、変色・乾燥防止

効果が期待出来る業種

  • 食料品店
    スーパー
    デパート
    惣菜店
    生鮮食品店
  • 仕出し・宅配
    弁当
    料理
  • 外食産業
    居酒屋
    焼鳥・焼肉
    ホテル
    レストラン
  • 給食産業
    学校
    病院
  • 製菓業
    洋菓子
    和菓子
  • 食品加工業
    製パン
    豆腐製造
    その他